うちのオス猫とはショッピングモールにあるペットショップで2013年の12月に出会いました。フカフカの茶虎の長毛で眉毛と髭と足先が真っ白でメチャクチャ可愛くて一目惚れしてしまいました。今までも暇さえあればペットショップに立ち寄っていましたがこんなに心を揺さぶられたのは初めてでした。

でもウチには2013年6月頃に嫁が拾ってきた野良出身の黒猫(生後8ヶ月前後の女の子)がいた事と、勝手に飼うわけにはいかないのでよく相談してから決めました。1週間後、嫁の許しもあり無事迎える事ができました。

自分が100%世話したとしても必ず多少の迷惑はかけるのですから家族の同意を得てから迎えるというのはとても大事な事です。

猫をペットショップで購入した時の流れ

・購入したいと伝えて支払いをします。
子猫を迎える事で頭がいっぱいになり、ショッピングモールのポイントカードを提示していれば1~2万円のポイントがあったかもしれないのに完全に忘れていました。まとまった金額なので支払い方法も冷静に検討した方がよいと思います。

・猫と関係書類(マイクロチップ登録書、ワクチン証明など)を受け取ります。
持ち運び用ゲージをサービスでもらえましたが、その他の関連商品は何もないままです。当日に全部揃えていると大変ですので、猫をはじめて迎える方は事前に購入設置しておいた方がよいと思います。

・今まで食べていたキャットフードを確認する
私の場合ショップであげていたフードのサンプルをくれましたので参考になりました。何も言われない時は何をあげていたか銘柄を確認しておいた方がよいと思います。

・猫の行動が大人しくても油断しない方がよい
私の場合は先住猫がいたので3段ゲージを用意してはじめは分離して飼っていましたが、1匹のみでもゲージはあった方がよいと思います。子猫は慣れない場所でフラフラして足を挟んだり落下したりしますので留守番や目を離したすきに大きな事故になる可能性も少なくないと思います。うちの猫も家具の隙間に足を挟んで抜けなくなりパニックになってのたうち回っていた事が2回あります。

・生後1年までは何度か病院のお世話になります
子猫の間は暴れまわってケガをしたり、病気になって体調を崩したりすることがよくあります。去勢やワクチンも含めて数万円かかると思っておいた方がよいと思います。